会社の印鑑

個人用の印鑑と会社の印鑑ではどう違うのでしょうか…。
いろいろな面で違ってくるとは思いますが、何をどうして違うのかと聞かれても返答にこまります。
個人の実印は、その人だけの印鑑つまり自分だけの印鑑なので、自分だけに責任がありますが、会社の印鑑の代表印はそんな簡単に、何の書類にもポンポン捺印できません。
何故なら、自分だけの印鑑ではなく会社の代表として印鑑を捺印しないといけないからです。言っている意味わかりますよね。

個人の時と、責任の規模が違いすぎます。
代表印を捺印する人は、代表取締役つまり社長さんです。
社長が変わったら印鑑を変える人もいますし、変えない人もいます。
印鑑にもいろいろな作り方があるそうです。
個人の名前を刻んだ印鑑の場合は、代表取締役が変わればその都度、印鑑を作らないといけません。
今は、ほとんど個人名が入っていない印鑑を作っているので、何回も作る必要が無くなったそうです。
ハンコ屋さんにしてみると残念な話しですが…。
印鑑もその時々で、違ってきますね。
印鑑は、流行はあるのでしょうか…。聞いたことはありませんが。
一年を通してだと、春先頃が一番多いですかね。多分、お祝いで贈る人がいると思うので…。

あくまで個人用の印鑑の話しです。会社の印鑑はどうなのかは検討もつきません。
会社設立の日が決められていれば話は別ですが、やるのはいつだって構わない訳ですからね。
会社の印鑑の事は、全く把握できませんよ…謎ですね。
経験者でも分からないと思います。
印鑑を購入する時は、会社の事を考えていろいろ選んで購入すると思いますが、印鑑を大事にする人は経営もうまくいくと思います。

*このサイトは現在準備中です
Powered by http://www.inshosya.com/

会社での印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

知人にお金を貸してしましました。 遠い親戚にもあたる人物に20数年ぶりに連絡がとれ起業し会社の経営もよく外車をのり高級マンションに住んでいることを聞いていました。 懐かしさもあり頻繁に連絡をとるようになりました。ある日彼からバックが盗難に会い通帳も印鑑もすべて盗られ今週得意先の支払ができず困っているこのままだと倒産になり従業員にも迷惑がかかる。警察にも届け銀行には再発行まで1週間かかるので来週には必ず返済するので緊急でかしてほしいと頼まれました。 かなり迷いましたが100%信用してた人物であることと自殺まがいのメールがきたりとかなり慌てさせられ100万のお金を無理して貸しました。 来週には返すということと緊急だったため借用書も書きませんでした。 しばらくして警察から連絡がきて別件で逮捕されたことを聞きました。(傷害) 警察のひとの話で愕然としました。 彼が私に話したことはほぼ嘘で会社は幽霊会社マンションは滞納で引き払う予定。わたしのほかにも詐欺まがいの被害者は多々いるようでした。 警察は傷害 詐欺 等でもちろん起訴して実刑にしたい考えでした。 わたしが振り込んだ通帳にはもう残金もなく詐欺の銀行救済もできません。 すでに留置されて2か月以上すぎており本人の携帯電話も強制解約になることでしょうし、住んでいたマンションも強制撤去になるそうです。 住所不定になるのでしょうか? わたしは彼に今後毎月少しづつでも返済してほしいです。 しかし借用書もありませんし、携帯は解約マンションも撤去となるといずれ社会に出てきたとき連絡のとりようもなく逃げ得になるのが悔しいです。 留置中に借用書をかかせることはできるのでしょうか? また少しでも取り返すために私ができることは何でしょうか? なんでもアドバイスお願いします。

ベストアンサー

拘留されて二ヶ月も経っていると言う事は余罪も、かなり、あるのでしょう。 弁護士が付いている筈ですが、弁護士からは何も言ってきていませんか? この様な詐欺では、少しでも刑を軽くする為に弁護士が示談を勧めるのですが、何も言ってこないのなら、相手にするつもりが無い、したくても弁済するお金が無い、余罪が多すぎて、多少した所で、大して刑に変わりは無いと判断しているのかもしれません。 国選弁護士なら、ただ勧めていないだけと言う事もありますが。 正直、この様な相手から、お金を返してもらう事は非常に難しいです。 これは、仮に借用書を取っていたとしても同じ事です。 昨今では詐欺の罰則が大変厳しく、初犯でも、一発実刑になる可能性が高いです。 実刑になるかもと既に覚悟している相手が、今更、借用書を書くでしょうか? 書きませんし、返しませんよ。 残念ですが、貴方の仰っている様に、逃げ得になります。 ただ、拘留中に借用書を請求する事は出来ますし、刑務所に入ったとしても、弁済を要求する事は可能です。 出来る事は、これくらいです。 弁護士が接見してきたら、借用書を書かせる事くらいは出来ると思いますがね。

詳しくはこちら

質問日時:2016/07/05 04:11:08 回答数:1

質問内容

大親友の結婚式で、お車代が貰えませんでした。 どうすれば良いでしょうか? 先日、地元で、10年来の大親友の結婚式に出席しました。 地元までは、新幹線を使って片道3時間、交通費は往復で約3万円です。 ご祝儀としても3万円包みましたので、かなりの出費となりました。 私は、地元の友達の結婚式に何度も出席していますが、ほとんどが1万円をお車代として頂きました。(一人だけ2万円でした。) この大親友は、まったくお金にケチとかではありません。 むしろお父様が会社を経営されておりかなり裕福ですし、結婚式自体も誰もが知っているホテルで盛大に行われました。 考えられる原因としては、単なるミスです。彼女は、かなり天然というか、抜けているところがあります。(笑) 例えば、銀行に手続きに行って印鑑を忘れ、家に取りに帰ってもう一度銀行に行ったら今度は書類を家に置いてきたとか、6畳の部屋にクーラーを買いたくて電気屋さんに行ったのに、説明を間違えて15畳用のものを買ってしまい寒くて寝られないとか、手際が悪すぎて7時の夕食に間に合わせるために毎日2時から支度を始める…等々です。 結婚式の準備の際も、招待状の枚数が何度数えても違う数になる、どうしようなどと言って真剣に悩んで電話をしてきました。。。 私ももうすぐ結婚式の予定があり、各地から親戚・知人が来てくれる為、お車代を渡す人をしっかり管理するのが難しいのもわかります。彼女のことだから、私は「地元の友達」という印象が強く、カウントし忘れたのかな…と思うのですが…。 正直、かなりの出費が苦しいですので、お車代欲しかったです。>< こういう場合、皆さんならどうしますか? アドバイスお願いいたします。

ベストアンサー

ん~まあ、あなたが結婚式を控えていて、その方を招待するつもりなら今はっきりしておいた方がいいと思いますよ。 今までもらったとかは置いておいて、今回、他の方はもらったのにあなたにはなかった。 それが「相手の勘違い」なのか、「あなたに出すつもりがなかった」のかどっちなのか。 あなたも交通費を出さなければお互い様でいいように一見思いますが、先方があなたに渡したつもりだった場合、あなたが非常識人と思われかねませんからね。 まあここは、お車代をもらったというその友人から 「お車代、○○に出してないの?自分はもらったって話してしまったんだけどまずかった?」 って言ってもらうのが一番自然ですよ。そのもらった人もあなたがもらっていないのなら気まずいはずですしね。 あなたには出していない、と言われたらあなたも出さなければいいだけだし、向こうの勘違いで出し忘れたと連絡があったなら、「気にしないで、お互い様だし。」と言ってお互い様で出さないことにすればいいだけです。 お車代請求が浅ましいと書かれてますが、まあ、「事前に言われていないのに後から請求する」のは確かにいかがなものかと思います。 でもわたしは、遠方に招待され、向こうが交通費について何も言わなければ聞きますよ。現地までの交通費はどうなるの、と。 だって、遠方に住んでいて、現地まで数万かかるのがわかっているなら、その点に言及しないで招待するなんて誠意もないし失礼だと思いますからね。 交通費は経費です。出せないなら出せないとはっきり言った上で招待すべきと思いますから。 今後は、出すといわれていなければ「もし全額自費だったとしても後悔しない相手」の時だけ行くのがいいと思いますよ。

詳しくはこちら

質問日時:2016/06/30 03:12:52 回答数:14

質問内容

田舎の小さな会社 (家族経営で2つの会社名があり実際の人数はわかりませんが数人から10人程度) を退職しました。 前年途中からと今年退職日までの源泉徴収票を請求しましたが 未だにもらえてません。 (退職より1カ月以上経過) 税務署にも相談しました。 ←これにも会社からクレームが来ました。 さらに僕の名前も書いた書類で(印鑑付き) 厚生労働省の何かの助成金を受けていたようですが その助成金が僕の退職でうち切れられたとクレームが来ました。 (正式な書類でなく会社からの電話で) 何の助成金でいくらのかわかりませんが 数ヶ月前に書類にサイン押印したのは覚えています。 僕個人絵の助成金でなく 会社絵の助成金だったようですが 僕の退職で助成が打ち切られる事があるのですか? またそんなので僕に責任とかありますか?

ベストアンサー

ID非公開さん >源泉徴収票に関して… ご質問者様が、税務署に相談されてしまったので、会社側に交付するよう連絡が入ってしまったので、会社側がご質問者様の所に嫌がらせの連絡を入れてきたのでしょうが、会社側には、所得税法第226条(源泉徴収票)第1項によって、退職日から1月以内に離職者と税務署に源泉徴収票を交付する義務がありますので、ご質問者様は何も気にする必要はありません。 会社側が交付に応じない場合は、税務署で、「源泉徴収票不交付の届出手続」を行えば、税務署から交付していただくことも可能です。 https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100017.htm >助成金に関して… 実際に、ご質問者様がどの様な状況で雇用されていたのか判りませんので、どの様な助成金であるか判断することは出来ませんが、例えばご質問者様が契約社員等であり、正社員として雇用されることを前提としていた場合であれば、「キャリアアップ助成金の正規雇用等転換コース」となりますので、ご質問者様が退職されれば当然ですが、受給することはできなくなります。 >いずれにせよ、家族経営のワンマンな経営者がやりそうなことですが、ご質問者様には職業選択の自由という権利があるのですから、退職したことで責任を負わなければならないものはありませんので、会社側が何を言ってきても、無視していれば大丈夫です。

詳しくはこちら

質問日時:2016/06/15 06:16:26 回答数:4

即日に印鑑が作れる!?はんこについてのサイト
http://www.esquerravalenciana.org/
助成金ナビ - 助成金を利用する際の注意点
http://www.retescat.com/