会社の印鑑

個人用の印鑑と会社の印鑑ではどう違うのでしょうか…。
いろいろな面で違ってくるとは思いますが、何をどうして違うのかと聞かれても返答にこまります。
個人の実印は、その人だけの印鑑つまり自分だけの印鑑なので、自分だけに責任がありますが、会社の印鑑の代表印はそんな簡単に、何の書類にもポンポン捺印できません。
何故なら、自分だけの印鑑ではなく会社の代表として印鑑を捺印しないといけないからです。言っている意味わかりますよね。

個人の時と、責任の規模が違いすぎます。
代表印を捺印する人は、代表取締役つまり社長さんです。
社長が変わったら印鑑を変える人もいますし、変えない人もいます。
印鑑にもいろいろな作り方があるそうです。
個人の名前を刻んだ印鑑の場合は、代表取締役が変わればその都度、印鑑を作らないといけません。
今は、ほとんど個人名が入っていない印鑑を作っているので、何回も作る必要が無くなったそうです。
ハンコ屋さんにしてみると残念な話しですが…。
印鑑もその時々で、違ってきますね。
印鑑は、流行はあるのでしょうか…。聞いたことはありませんが。
一年を通してだと、春先頃が一番多いですかね。多分、お祝いで贈る人がいると思うので…。

あくまで個人用の印鑑の話しです。会社の印鑑はどうなのかは検討もつきません。
会社設立の日が決められていれば話は別ですが、やるのはいつだって構わない訳ですからね。
会社の印鑑の事は、全く把握できませんよ…謎ですね。
経験者でも分からないと思います。
印鑑を購入する時は、会社の事を考えていろいろ選んで購入すると思いますが、印鑑を大事にする人は経営もうまくいくと思います。

*このサイトは現在準備中です
Powered by http://www.inshosya.com/

会社での印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

小さな会社ですが、5年前に先代(実父)より事業を 引き継ぎ、会社を経営しております。 ところが、先代は、会社を退職したにも関わらず、 お金の管理だけは譲らず、致し方なく、経理業務を 全て先代に任せておりました。 実際、会社には籍がないため 給与がない代わりに、長年得た悪知恵で、毎年かなりの金額を、 会社の預金から抜かれておりました。 会社の業績が良かった事もあり、私自身も見て見ぬ振りの 5年間でしたが、80歳を迎え、業務もミスが目立つようになり、 退陣を要求したところ、猛反発を受けつつも、業務の全てを 取り上げました。 さて・・・今朝方に気付いた事なのですが、油断してた事もあり、 小切手帳から、小切手が1枚抜き取られてることが発覚しました。 印鑑も一緒に保管してたことが失敗だったのですが、犯人は間違えなく、父です。 もちろん日付も金額も入っていないものです。 どう対処するのがベストなのでしょうか(!?) お金の汚さは、身内の間からも、かなり聞いており、一筋縄では 行かないと思います。もちろん話し合いが出来ないほどの関係にまで 悪化しており、単純に金融機関への連絡だけで、持ち出された小切手は 差し止めすることができるのでしょうか? 経営者でありながら、経理のことは無知でお恥ずかしいのですが、 何卒、この手のトラブルに詳しい方がいましたら、ご教授をお願いします。 ちなみに、父は、会社には籍がないですが、筆頭株主(80%)です。

ベストアンサー

>小切手が1枚抜き取られてることが発覚しました。 その小切帳の控えを見てください、抜き取られた小切手の「小切手番号」が分るはずです。 その「小切手番号」により銀行に支払停止を依頼したらいいのですが、支払停止の理由が必要です。 理由:紛失、盗難、契約不履行などがあります。 銀行が支払しないため、小切手の所持人はアナタの会社に来て支払請求をすることになり、所持人が善意の第三者であれ先ず支払拒否はできません。 >父は、会社には籍がないですが、筆頭株主(80%)です。 それと勝手に会社の資金を使うことは別のことです。

詳しくはこちら

質問日時:2015/06/27 06:22:34 回答数:3

質問内容

3階建ての新築の家を建築中で、その1階を私が経営している会社の事務所にする予定です。 色々と分からないことが多いので教えていただきたいです。 毎月、会社から私個人へ家賃を支払う形を取ります。 質問1: この場合、事務所家賃なので消費税の請求ができますよね。 消費税は請求すべき(義務)なのでしょうか。それとも、請求してもよいということ(権利)なのでしょうか。 できれば面倒なので消費税なしでの家賃としたいとは今のところ考えています。 質問1-②: もし私個人が会社への家賃に消費税を請求した場合、受け取った家賃の消費税分はどうすればよいのでしょうか。 私は免税事業者(課税売上高または給与支払額が1000万円以下)というものに相当すると思うので、申告や支払いの義務はないということでしょうか。 支払わなければならない場合、どこへどのように申告して支払えば良いのでしょうか。 質問2: 私と私が経営する小さな事務所との間ですが、契約書は作っておいた方が良いですよね。 何か簡単なフォーマットなどありますでしょうか。 ネット上でダウンロードや参考にできるものがあれば教えていただきたいです。 質問3: 毎月の家賃の領収書の作成に関しては、文房具店などでよく見る印鑑を毎月押していくタイプのもので良いかなと考えております。 問題ないでしょうか。 質問4: 今の賃貸物件は次月分の家賃を前月末に支払う形となっています。 8月末に引っ越しの予定なのですが、引っ越しや移転の登記などで会社も大変お金がかかるので、移転後は家賃を当月分の家賃を当月末に支払う形に変更したいと考えています。 つまり、1月から7月までは今いる賃貸物件の(2月~8月までの)家賃を支払い、8月は支払いがなく、9月から当月分の家賃を月末に支払っていくという方法です。 これだと年度末に、家賃の支払いが11回しかなかったことが分かります。 何か問題がありますでしょうか。 あとから税理士や税務署につつかれる可能性がありますか? いくつも質問してあつかましいですが、他にも私のようなケースで注意しておいた方が良いことなどありましたらどうぞ教えて下さい。 分かるところだけでも、部分的でもかまいませんので、教えて下さい。 どうぞよろしくお願いいたします。

ベストアンサー

質問1 消費税は課税業者で無ければ請求してもしなくてもどちらでも問題はありません。 質問1-②: 消費税課税業者でなければ確定申告で所得として申告します。 質問2: ネットで「建物賃貸借契約書」で検索すればフォーマットは無数に出てきます。 質問3: 問題はありませんが、会社の記録としては毎月銀行振込で確実に送金している証拠があった方が税務署対策としても有効です。 質問4: 問題はありません。

詳しくはこちら

質問日時:2015/06/18 03:31:38 回答数:1

質問内容

みなさん宜しくお願いします。 実は一昨年前に父親が亡くなり母と同居している妹が行政書士(女性)と土地家屋、財産を妹の名義に長男(離れて暮らしています)の私にはわからないように進めています。 昨年になりますが会社経営をしていた父親が母と私と弟、妹にそれぞれ生命保険の受取人として保険をかけていたと生前父親から聞いていました。 昨年、妹から電話で「母親が父の生命保険を受け取るため印鑑証明書が3通必要だと行政書士が言っているのですぐに持ってきてほしい」と連絡があり氏名と住所、押印と印鑑証明を渡しました。しかしよく考えてみると3枚の用紙には何に使われる用紙なのかも書いていなかったので記入などしましたが母親だけが受け取る生命保険なら私(弟も)が印鑑証明や記入など不要ではないか?と最近気づきました。 妹が私や弟が受取人になるはずの生命保険を委任(妹にゆだねる)させたのではないかと不安になってきました。ちなみに妹は市役所に努め知恵をつける人が多くいる職場ですが私はしがない派遣社員で法律はサッパリわかりません。 そこで質問ですが3通の印鑑証明書は何に、どこへ使われたか調べる方法はありますか?妹や母親、行政書士に問いただしても「もう忘れた」の一点張りです。 宜しくお願いします。

ベストアンサー

行政書士の業界はあまり高い倫理感があるとは言い難いですので、ばれるまで、いくらでもぼったくります。これが行政書士の思考です 。 客を騙して食っていくことには何の抵抗も無いクズ人種です。 バレなきゃOK。バレたら開き直る。 行政書士には近づかない方がいいですよ。

詳しくはこちら

質問日時:2015/06/02 02:51:30 回答数:2

即日に印鑑が作れる!?はんこについてのサイト
http://www.esquerravalenciana.org/
助成金ナビ - 助成金を利用する際の注意点
http://www.retescat.com/