会社の印鑑

個人用の印鑑と会社の印鑑ではどう違うのでしょうか…。
いろいろな面で違ってくるとは思いますが、何をどうして違うのかと聞かれても返答にこまります。
個人の実印は、その人だけの印鑑つまり自分だけの印鑑なので、自分だけに責任がありますが、会社の印鑑の代表印はそんな簡単に、何の書類にもポンポン捺印できません。
何故なら、自分だけの印鑑ではなく会社の代表として印鑑を捺印しないといけないからです。言っている意味わかりますよね。

個人の時と、責任の規模が違いすぎます。
代表印を捺印する人は、代表取締役つまり社長さんです。
社長が変わったら印鑑を変える人もいますし、変えない人もいます。
印鑑にもいろいろな作り方があるそうです。
個人の名前を刻んだ印鑑の場合は、代表取締役が変わればその都度、印鑑を作らないといけません。
今は、ほとんど個人名が入っていない印鑑を作っているので、何回も作る必要が無くなったそうです。
ハンコ屋さんにしてみると残念な話しですが…。
印鑑もその時々で、違ってきますね。
印鑑は、流行はあるのでしょうか…。聞いたことはありませんが。
一年を通してだと、春先頃が一番多いですかね。多分、お祝いで贈る人がいると思うので…。

あくまで個人用の印鑑の話しです。会社の印鑑はどうなのかは検討もつきません。
会社設立の日が決められていれば話は別ですが、やるのはいつだって構わない訳ですからね。
会社の印鑑の事は、全く把握できませんよ…謎ですね。
経験者でも分からないと思います。
印鑑を購入する時は、会社の事を考えていろいろ選んで購入すると思いますが、印鑑を大事にする人は経営もうまくいくと思います。

*このサイトは現在準備中です
Powered by http://www.inshosya.com/

会社での印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

取締役員についてお聞きしたいです。 現在29歳で有限の食品会社に勤めており、今年で11年目を迎えます。 先週社長から取締役にするから10月30日中に印鑑証明と実印を持って来るように言われております。しかし、年内か来年早々に結婚を考えている状況の中で取締役になるのは不安です。 今の会社の状況を説明します。 ・給料は手取り25万(取締役になっても変わらない) ・休日は月に3回程 ・労働時間は朝8時~0時ぐらいまで ・週に1日は泊まり込み ・ボーナス無し ・ミスが酷いと暴力を振う社長(実際先日殴られ肋骨にヒビを入れられました) ・自分はそこまで仕事ができる人間には思えない ・社長に250万程借金がある ・サービス残業のオンパレード こんな所でしょうか・・・ この会社で取締役になるのはどうでしょうか? 取締役についても自分はまだよくわかってない気がしますので教えていただきたいです。 社長からは取締役になれば労働基準法も関係なくなるし、経営者の立場になる事だけだと言われました。 社長は何か企んでいるのでしょうか? このような経験をされた方や詳しい方からの回答お願いします。

ベストアンサー

なんか別の質問で役員になったら会社が倒産して、役員だから負債の借金を抱えてしまった、というのがありました。それに近い?。 会社自体は大丈夫でしょうか?。 それと取締役になれば労働基準法も関係なくなるので、24時間、無休暇の連続出勤もさせられるのですよね。それに最低賃金も関係ない。なんでも有りの社員。今より悪くなる可能性が大きいですね。 サービス残業がどれくらいあるか判りませんが、借金分はやっているのでは無いでしょうか?。 残業代の未払いで裁判沙汰のニュースも聞きますし、大体は会社側が負けますからね。(労働基準法違反) いろんな事を見越しての取締役かもしれませんよ。 ご参考になればと思います。

詳しくはこちら

質問日時:2014/10/29 02:56:08 回答数:1

質問内容

会社を解散する時、従業員に退職金を払う為、その従業員の 印鑑証明が必要になる、と言う様な事があるのでしょうか。 会社が経営不振の為、一ヶ月先に会社を解散する事になったのですが 会社から、退職金を払う為に必要だから印鑑証明を取って欲しいと言われました。 こんな場合、印鑑証明が必要になる事があるのでしょうか、何か心配です。 どなたかご存知の方がおられましたら、教えて下さい。

ベストアンサー

退職金の支払いに、印鑑証明が必要ですか、ありえないですね。 サインと認印の捺印で十分ではないでしょうか。 あなたが会社の社員(労働者という意味ではない。)であれば、何らかの責任で、解散手続き上必要かも知れませんが、一般従業員が、印鑑証明、実印が必要とは、思えません。 中退共の、規則にあるのですかねえ。

詳しくはこちら

質問日時:2014/10/14 06:27:52 回答数:5

質問内容

整骨院を経営しながらディサービスをたちあげたところがあるのですが、整骨院とディルームはカーテン一枚で出入りできるようになっており、デイの利用者さんを整骨院に連れて行き治療を行ない治 療費を戴いていました。 実際仕事していないのに名前だけ登録して、勿論タイムカードは他のス タッフに押させてました。 他にも色々あるのですが諸々がバレると大変な事になるので監査の入るまえに経営不振という名目で急遽閉鎖しました。 事情を知っているスタッフも全員やめさせ、会社の不利益になることは一切喋るなという書類に印鑑をおさせられたスタッフもいるそうです。 とにかく患者さん、利用者さん、スタッフ皆腹立たしい思いでいっぱいです。 整骨院もデイサービスも税金ですよね。 社労士も付いているのでうまくすり抜けているのでしょうか? ホント許せません。 こんな事って普通にある事なんでしょうか?

ベストアンサー

>整骨院もデイサービスも税金ですよね いえ、基本的には整骨院は医療保険から特別に拠出されている 療養費というもの。デイサービスは介護保険ですね。 どちらにしても、公的資金には変わりはありませんが。 整骨院とは、そんなところが殆どですよ。 次に働く場合は、しっかりと雇用元を調べておくといいでしょう。 前提として、デイサービスに来ている利用者に対して、 そのサービス中には医療保険は使えません。違法行為となります。 おそらく、整骨院の利用は健康保険を使っていたのだと思われますが。 なので、その事業自体が違法性の高いものと言えます。 さらに、デイサービスの高齢者に対して、通常整骨院で 保険は使用できないのです。何故かというと、 整骨院で保険が使える条件として、利用者がついさっきのケガ、 それも原因明確なケガのみ使用できますので。 おそらく、デイサービスにケガをしている人なんて、 いないでしょうから、これまた健康保険の不正使用と言えるでしょう。 ただし、この手のデイサービスに整骨院が併設というパターンは かなり多いようですが。 役所がしっかりと取り締まれば一目瞭然なのですが 所詮、お役所(厚生局、厚労省)ですから、よほど、一般の人からの 訴えが無ければ、一切動かないようです。 もしご自身が、今後告発する場合も、貴方一人でなく数人で しっかりとした証拠を提示して役所に訴えなければ 相手にもされないっぽいです。 それほど役所、厚労省は仕事しません。 一番の問題はそこにありそうです。

詳しくはこちら

質問日時:2014/10/11 23:52:37 回答数:3